ヤクザからお金を借りる結末とは

ヤクザからお金を借りると最後には、借金地獄が待っています。
ヤクザからお金を借りることに対して過剰に恐怖を持っている人もいるかもしれませんが、実際に借りる場面に限っては怖いイメージというものはないものです。
しかし、それこそが最も恐れるべきポイントであり仏の顔で近づいてきて、骨の髄までしゃぶり尽くすのがヤクザのやり方なのです。

ヤクザがなぜお金を貸すのかというとそれは当然金利で稼ぐためであり、すぐに破綻をするように追い込んでしまっては旨味がありません。
そのため、最初はできるだけ親切にして生かさず殺さずの状況を作り上げます、
そして、ヤクザからお金を借りることはそれほど怖いものではないというイメージを相手に植え付けて、少しずつ借金地獄に誘い込んでいるのです。

ヤクザからすれば細く長くいつまでも借り続けてくれれば利息で儲けることができますから、早々簡単に追い込みをかけてくるということはありません。
それだけにヤクザからお金を借りることに対して抵抗が薄れてしまって、気軽に借りるようになってしまいます。
そのようなことを繰り返して借金が膨らみ、いよいよ返済が難しくなってくると態度を豹変して地獄の追い込みが始まるということになるのです。
これ以上搾り取ることが難しいと判断したときには遠慮をする必要はありませんから、それまでの仏の表情とは一変して鬼のような形相で借金を回収しようとしてきて、日々取り立てに怯えなければならなくなってしまいます。
お金を借りる方法は?おすすめのキャッシングランキング【金100.jp】はこちら